しあわせはこぶこうのとり発芽玄米

驚きのGABA量! 簡単に炊けてしっかり美味しい

【新商品! 】 兵庫県但馬産「コウノトリ育むお米」を用いた美味しくて扱いやすい発芽玄米です。 玄米特有の匂いも抑え、白米に混ぜて炊ける手軽さ。 玄米が苦手な方にもおすすめです。

ホームすべての商品こうのとり発芽玄米

驚きのGABA量! 簡単に炊けてしっかり美味しい

【新商品! 】 兵庫県但馬産「コウノトリ育むお米」を用いた美味しくて扱いやすい発芽玄米です。 玄米特有の匂いも抑え、白米に混ぜて炊ける手軽さ。 玄米が苦手な方にもおすすめです。

こうのとり発芽玄米ラインナップ

こうのとり発芽玄米 250g

こうのとり発芽玄米 250g

800円

こうのとり発芽玄米 1袋

送料別途・手数料別途

こうのとり発芽玄米 800g

こうのとり発芽玄米 800g

1,950円

こうのとり発芽玄米

送料別途・手数料別途

こだわりポイント

兵庫県但馬産「コウノトリ育むお米」を原料に、美味しくて食べやすい発芽玄米を開発しました。「こうのとり発芽玄米」100gに対し40mg以上のGABA(γ-アミノ酪酸)を含有し、洗わずそのままお使いいただける手軽さも自慢です。白米に混ぜて炊いても美味しいですが、さらにおすすめは「こうのとり発芽玄米」100%炊き。香ばしい風味が食欲をそそります。長めに浸漬すると、より食べやすくなります。
しあわせはこぶ「こうのとり発芽玄米」ぜひ一度お召し上がりください。

”コウノトリ育む農法”の成り立ち
かつて、除草や害虫駆除のために「田んぼ」に撒かれた農薬が、コウノトリの体を蝕み、絶滅させてしまいました。兵庫県豊岡市では、1989年、長い苦難の道のりを経てコウノトリの人工繁殖に成功。
2005年には、コウノトリを自然界に放して野生復帰を目指す取組みもスタートしました。
そこで最も大事なのが、コウノトリの主な生息地である「田んぼ」が生き物でいっぱいになること。
コウノトリ復活のために行われた”コウノトリ育む農法”は、今では豊岡市内の400ヘクタールを超える田んぼで行われています。

お召し上がり方

〈炊き方〉 ( 白米 2 合・こうのとり発芽玄米 1 合 )

1. 洗米した白米に、こうのとり発芽玄米を加えます。
2.水を加え、30分ほど浸漬させてから炊飯してください。



※こうのとり発芽玄米は水洗いの必要はありませんので、そのまま加えてください。
※こうのとり発芽玄米が硬く感じる方は、長めに浸漬すると、より食べやすくなります。

原材料・保存方法

玄米(兵庫県産)
冷暗所(冷蔵庫)にて保存してください。

主要成分と含有量(100gあたり)

GABA 40㎎

栄養成分表示(10gあたり)

熱量36.5kcal たんぱく質0.68g・脂質0.32g 炭水化物7.73g 食塩相当量0.0g

ラインナップ

800g 1,950円
250g 800円