よくあるご質問

飲む紫黒米玄米について

どんな味ですか? 飲みにくくないですか?

甘酸っぱくて、美味しいです。
お酢など酸っぱいものが苦手な方も「飲む紫黒米玄米」なら飲める、ブドウジュースみたい、とのお声をよくいただきます。

1日の目安量はどのくらいですか?

1日1回、付属の計量カップに半分程度(20~30ml)がおすすめです。
※1日1回23mlで飲む紫黒米玄米710ml商品は約30日分、290ml商品で約12日分となります。

いつ飲んだら良いですか?

いつお召し上がりいただいても大丈夫です。
飲み忘れをしないように、夕食後や朝食後等に飲まれる方が多いです。
胃腸が弱い方は空腹時を避け食後にお召し上がりください。

どんな飲み方が良いですか?

おすすめはストレートです。冷蔵庫で冷やすと、より一層美味しくお召し上がりいただけます。
水や牛乳・炭酸水・オレンジジュース等で割ってもとても美味しいです。また、料理にも使えますので、詳しくは レシピページ をご覧ください。

子供が飲んで大丈夫ですか?

お子様も安心してお飲みいただけます。
天然のクエン酸、アミノ酸、ポリフェノールがたっぷり含まれますので、スポーツをしているお子様には最適です。

薬と一緒に飲んでも大丈夫ですか?

薬と一緒に飲まないでください。また、ご心配な方はかかりつけのお医者様にご相談ください。

同送の樹脂キャップ・軽量カップの使用方法について、教えてください。

計量カップは、1日の目安量(20~30ml)を量るのにお使いください。開栓後、金属キャップの代わりに注ぎやすくなる付替え用の樹脂キャップを装着しご使用ください。(横倒しはできません)※樹脂キャップを引き続き使用する場合は、熱湯(80℃以上)の入ったコップなどに1分ほどつけ込んだ後、水で洗い流しご使用ください。(火傷には十分にご注意ください)

保存方法はどうすれば良いですか?

開栓前は冷暗所で保存してください。
開栓後は必ず冷蔵庫で保存し、賞味期限にかかわらずお早めにお召し上がりください。

紫黒米玄米について

産地はどこですか?

兵庫県宍粟市産です。
宍粟市は標高が高く、出穂する8月中旬以降に朝晩ぐっと冷えるので、紫黒米がしっかりと色づき、アントシアニンがたっぷりの真っ黒いお米に育ちます。

どのくらい白米に混ぜれば良いですか?

白米3合につき、大さじ1杯が目安です。

上手な炊き方を教えてください。

「紫黒米玄米」を少量の水に浸し、2~3時間以上浸けてください。一晩ほど浸けていただきますと、より柔らかめに炊き上がります。
炊飯の際は、紫黒米を浸けて色づいた水も一緒に入れて炊いてください。

もち麦について

産地はどこですか?

兵庫県神崎郡福崎町産です。
福崎町は水質も良く、畑は小高い場所にあるため、もち麦の栽培に適しており、良質なもち麦を収穫できます。

どのくらい白米に混ぜれば良いですか?

白米に対して、10%~30%くらいを混ぜていただくのがおすすめです。ぷちぷちとした食感をお楽しみいただけます。

どのくらいの水加減で炊けば良いですか?

白米をいつも通りの水加減にし、洗ったもち麦を入れ、もち麦の重さの倍量の水を加えて炊いてください。
例:白米2合(水400ml)+もち麦100g(水200ml)=約3合炊き上がり(もち麦3割)

糀あま酒について

砂糖は入っていますか?

「糀あま酒」は、国産の米と米糀だけで作られており、砂糖は使用しておりません。お米から引き出した甘さを、ぜひお試しください。

アルコールは入っていますか?

「糀あま酒」は酒粕を使用しておりませんので、アルコールは含んでおりません。
お子様、アルコールの苦手な方も安心してお楽しみいただけます。

飲み方はどうすれば良いですか?

希釈タイプになりますので、カップに糀あま酒を入れ、水やお湯でお好みの濃さに割ってください。また、そのままヨーグルトに入れたり、砂糖の代わりに調味料としてもご使用いただけます。

保存方法はどうすれば良いですか?

冷蔵庫での保存となります。クール便でのお届けとなりますので、届きましたらすぐに冷蔵庫で保管をお願いいたします。